ハゲ克服ナビ

ハゲの原因

ハゲてきたら・・・

お悩みをお持ちの方も多い、「ハゲ(禿・禿げ)」に関して解説しています。ハゲは一般的に、脱毛症という毛髪が抜け落ちた箇所に新たな髪が生えてこなくなった状態を指します。主な原因としては老化、精神的な理由、病気、病気に対する投薬・放射線治療の副作用などが挙げられます。

精神的な理由の場合、脱毛したこと自体に対する更なるストレスにより症状が悪化することも多々あります。そのためストレス性の場合、本人や周囲の人を含め、「気にしない」といった本人の精神面に対するフォローが重要になってきます。

脱毛症は男性に多く見られ、特に男性ホルモンの分泌量が増えて脱毛が起きるものを、男性型脱毛症(AGA)といいます。男性型脱毛症は専門医が多数いるので、重度の場合などは専門医に相談するのが良いでしょう。男性に多く見られる脱毛症ですが、もちろん女性にも発症します。女性特有の脱毛症としては妊娠・出産に伴い発症する分娩後脱毛や出産後脱毛などがあり、およそ1年で症状は緩和されるとされています。

前述したとおり老化や男性ホルモンの分泌量の増加による脱毛症は多く知られていますが、生活習慣の乱れによって発生する場合も多々あります。主に飲酒や喫煙、睡眠不足などが要因とされております。

ヘアスタイルには気を使っている方は多いと思いますが、脱毛症に対しては「自分は大丈夫!」とあまり気にしていない方も少なくないかと思います。普段の何気ない習慣の乱れが原因で「いつのまにか薄くなっていた…」、と未来の自分が嘆いてしまわないよう、普段から生活習慣に十分に注意しておく必要があります。また、現在既に脱毛症で悩んでいる方も多くいらっしゃると思います。

あきらめてしまってはいませんか?医学の発展で様々な解決方法が提供されてきています。ハゲ・脱毛に関して正しい知識を身につけ、自分自身のため、周囲で悩んでいる人がいればその人のためにも、このサイトで一緒に学んでいきましょう!