ハゲ克服ナビ

脱毛症の種類とその原因

ペットの脱毛症

脱毛症が発症するのは人間だけではありません。犬や猫にも脱毛症の症状が発症します。 一般的には猫よりも犬に発症する傾向が高く、ヨークシャテリアやドーベルマンやチワワといった犬種に発症事例が多く見られ、中でもチワワの発症事例は多く報告されています。

発症時の症状として、円形脱毛症のように脱毛が局所的におこる場合や、尻尾の付け根や顔など部分的に発症する場合や、そのほか全身に脱毛が発症する場合など、人間同様に様々な症状が発症します。

発症する原因としては、季節の変わり目などでの生理現象によるものと病気によるものとで大きく2種類にわけられてかんがえられています。 発症原因となる病気は主に、細菌やカビによる感染症、アトピー性の皮膚炎や外部寄生虫(ダニやノミなど)による皮膚の炎症、ホルモンバランスの乱れなどがあります。

感染症や皮膚炎による脱毛症の場合、かゆみを伴うことがあり、症状がひどくなった場合発疹を伴うことがあります。また、カビが原因となって発症したときには、稀に円形脱毛症の症状が出る場合もあります。皮膚炎のようなかゆみを伴うものとは反対に、ホルモンバランスの乱れによる脱毛症などの内分泌性疾患の場合、かゆみを伴わないものも多くあります。

主な治療方法としては、かゆみを伴う症状が発症している場合は、アレルギー性の疾患なのかどうかを確認する必要があります。アレルギー性の場合、アレルゲンが何であるかがわかるまでは不用意に治療を行うことで症状を悪化する場合もありますので、お近くに病院で適切な治療方法を確認することが最善の治療方法といえるでしょう。 口で痛みや症状を伝えられない分、苦しんでいることも多くあります。従順なペットほど、痛みなどを伝えずにいる場合がありますので、日常的にペットの健康にも十分に背理していきましょう。