ハゲ克服ナビ

脱毛症の種類とその原因

若年性脱毛症

男性型脱毛症(AGA)のうち、10代~30代の比較的若い年齢層に発症するものを指します。年齢的に老化が始まる前に脱毛が多く薄毛が目立ってきた場合などは、これに該当します。 発症する原因は大半が男性型脱毛症とほぼ同じように、ホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れ、ヘアケア方法の誤りが主な理由ですが、明確な原因は現時点でははっきりしていないのが現状です。

治療方法も男性型脱毛症と同じように、育毛剤治療や通院による治療などもあります。育毛剤としては「フィナステリド」や「ミノキシジル」と呼ばれる薬剤が配合されているものが男性型脱毛症・若年性脱毛症には有効とされ、注目を浴びています。ミノキシジルが配合されている育毛用品は頭皮に塗るタイプの育毛剤以外に、タブレットで飲むタイプのものもありますので、ライフスタイルに合わせて選定すると良いでしょう。

しかしながら、育毛剤による対策により一時的な改善は見込めますが、若年性の場合生活習慣の乱れが大きく影響している場合が多いため、生活習慣が改善されない場合、育毛剤の使用をやめた途端に悪化してしまう可能性があります。

つまりは、生活習慣を改善することにより症状が緩和・改善され、発毛が正常に行われる可能性も十分にあります。生活習慣の内容としては運動不足、栄養不足、不規則なライフスタイル、睡眠不足などを重点的に改善することが重要です。その他にも過度のストレスを感じている場合などはホルモンバランスなどが乱れ、抜け毛が頻発する場合もあります。

ストレスを強く感じて局所的に脱毛が進んだ場合などは円形脱毛症の可能性があります。その場合は育毛剤などの治療では改善されず逆に悪化する可能性が高いのでこのサイトの円形脱毛症のページを参考にして、症状の改善に役立ててください。