ハゲ克服ナビ

脱毛症の種類とその原因

出産に伴う脱毛症(休止期脱毛症、分娩後脱毛症、出産後脱毛症)

女性が妊娠し、出産するまでの間の過程において、様々な要因のために発症する脱毛症をさします。出産を経験した大半の女性が発症傾向にあり、その症状の大半は他人が気づくほどの脱毛が発生しないことが多いようです。

発症する原因としては、本来髪の毛が必要とする栄養素が、胎児の発育のために不足してしまうことや、エストロゲンなどの女性ホルモンが急激に増加するなどしてホルモンバランスが崩れることで、ヘアサイクルと呼ばれる成長期→退行期→休止期と呼ばれる3期を繰り返し、発毛と脱毛を繰り返す周期のうち、成長期から休止期へ急速に移行してしまうことが原因として考えられています。

ホルモンバランスが正常に戻るまでに半年程度かかるのが一般的とされていますが個人差があり、稀に1年以上症状が続く場合もあるそうです。

この症状は出産後の女性にとっては大きなストレスとなる場合が多く、そのストレスにより症状が悪化するまたは別の種の脱毛症を併発する場合もあるため、極度のストレスを感じぬように精神面のケアが重要です。 他の脱毛症でも紹介しましたが、この脱毛症でもステロイドによる治療を行う場合があるようですが、副作用が強い薬であることや、この脱毛症自体は自然治癒することが大半であるため、自然治癒による回復を待つべきといえるでしょう。

ただし、長期間脱毛が続くような場合は、前述したとおり別の種の脱毛症である可能性があり、皮膚の炎症やその他疾患などで自然治癒しない場合もありますので、痛みを感じる場合や脱毛期間があまりに長すぎる場合などは、医師の診断を受けることが望ましいでしょう。