ハゲ克服ナビ

脱毛症の種類とその原因

内蔵の病気による脱毛症

内科的な疾患に伴い発症する脱毛症は、内臓病が主要な原因となり発症します。 主な原因となる病気としては、糖尿病などのホルモン異常を引き起こすもの、肝硬変などの肝臓病、重度の貧血、拒食症、甲状腺の機能不全、腎不全、悪性の腫瘍などが挙げられています。

上記のような病気にかかると全身が衰弱することにより、毛髪に必要な栄養分を送るためのエネルギーがなくなることが原因とされています。拒食症に関しては思春期の拒食症が特に問題となるようで、体重の極端な減少や生理不順などによりホルモンバランスが大幅に乱れることから引き起こされるとされています。

いずれもその病気が完治することで症状は改善されるとされていますが、期間が長い場合は細胞そのものが死滅してしまう場合もあり、永久脱毛になる場合もあるようです。病気そのもので引き起こされる場合のほか、病気に伴って行われる大きな手術による影響をうけて発症する場合ももちろんあります。

手術によるものの場合、大半は手術後に自然治癒することが多いため、手術後の生活習慣などに注意することが一般的な対策と考えられているようです。

原因となっている病気はいずれも軽度の病気ではないことが多いため、人それぞれかもしれませんが、病気の治療を優先すべきと考えるのが自然でしょう。 ですが、長期的な脱毛を余儀なくされてしまうため、憤りを感じる方が多くストレスを強く感じる場合も多々あるので、ストレスの緩和を目的としてかつらを使用するなども直接的ではないにしろ、有効的な対策方法といえるでしょう。