ハゲ克服ナビ

脱毛症の種類とその原因

抜毛(ばつもう)症

別名「トリコチロマニア」と呼ばれる、精神的な衝動により行われる性癖の一種です。精神的衝動による性癖は、衝動制御障害(ICD)と呼ばれる障害として分類されています。これらは、無意識のうちに毛を抜いてしまっているため、気づくと髪が抜け落ちているということから脱毛症の一種として扱われています。

主な発生原因としては、精神的ストレスが大きく影響するとされています。特に幼少期に発生した場合は、不安や不快感などからくる過度なストレスがかかっている可能性もあり、脱毛症以外の病気が懸念されるため、早期治療が必須となってきます。

抜毛症の特徴としては、幼少期に多い、脱毛による班が前頭部に多く見られる、利き腕側に偏って毛髪が毟った様に薄くなっている、睫毛や眉毛など他の部位の毛も抜いてしまっている、抜毛以外のICDを併発している(例えば、爪噛みやチックなど)などの特徴があります。抜毛症の症状と円形脱毛症の症状は似通っている部分があるため、正しい情報を必要とするときは、抜毛症と円形脱毛症の判断を誤らないよう注意が必要です。

主な治療方法は、主な原因であるストレスの発生原因を発症者から遠ざけることとされていますが、社会生活を行っているうえで避けては通れないものがストレスの原因である場合、容易に改善することが困難であるため、他の脱毛症よりも治療が難しい場合が多いとされています。

精神面の問題である場合が多いため、心理カウンセラーによる治療も効果的とされていますので、早期段階で受診することをお勧めします。