ハゲ克服ナビ

脱毛症の種類とその原因

瘢痕(はんこん)性脱毛症

皮膚が事故などにより外傷を受けた場合や火傷などにより損傷し、その損傷で頭皮に瘢痕ができ、瘢痕部分から毛が抜け落ち、生えてこなくなる症状のものを指します。瘢痕は一般的には傷あとともいいますが、皮膚が引きつったような状態で治癒した状態の傷あとを特に瘢痕と呼ぶようです。

皮膚が瘢痕化した部位は、毛母細胞(発毛に関し主要機能を担っており、分裂を高頻度で繰り返し毛を作り出す細胞)と呼ばれる細胞が存在しなくなってしまった場合、全く発毛されなくなるとされています。事故などのほかにも治療や病気による発症事例もあります。主にがんの治療として行われる放射線治療による影響や、感染症などが原因となりこの脱毛症が発症した事例があるようです。

治療方法としては、軽い事故等であれば一時的なものの場合もあるため、自然治癒する場合もあります。形成外科での治療で治療可能な場合もありますが、前述している通り、発毛機能の中心ともいえる細胞が存在しなくなっている場合があるため、再生しないことも多いようです。

この脱毛症に類似した脱毛症として、あざによる先天性の脱毛症があります。瘢痕化した皮膚同様、あざの部分は毛が生えてこないとされています。このあざは脂腺母斑と呼ばれる黄色いあざが多く、成長に伴いその範囲が広がっていきざらつくといったような症状になる場合があり、放置しておくと皮膚がんを発症する可能性があるとされています。

これも含め、可能な限り医師による診断を受け、手術を含め適切な治療方法を検討するのが望ましいでしょう。