ハゲ克服ナビ

ハゲの原因

ストレス

ストレスは人体にとって様々な悪影響を与えることは有名で、毛髪へも大きく影響するとされています。ストレスを受けるとアドレナリンの分泌量が増え、頭皮が硬くなることや毛細血管が収縮してしまうことなどが主な原因となります。若年性脱毛症の多くは、ストレス性のものが多く、日常生活の中で感じる多種多様なストレスにより、気づかぬうちに抜け毛が多くなっている場合があります。

極度の精神的ストレスを感じた場合は、局所的に円形の脱毛が発生します。円形脱毛症と呼ばれる症状で、ストレスを感じた時から数えて、4ヶ月程度で発症するというずれが生じます。これは毛髪が抜け生え変わる時期によるものがあるためと考えられています。

このストレス性の脱毛症は、男性・大人などの限定的なものではなく、子供を含め全ての人に発症の可能性があります。

ストレスは自覚できるストレスと、潜在意識の中で感じるストレスがあり、特に潜在意識の中で感じるストレスは気づかぬうちに人体に悪影響をしばしば与えます。例えばひとつの大きな目標を掲げた時、目標を達成するために様々な困難が立ちはだかります。その困難を乗り越えるためには、いくつものストレスが肉体的にも精神的にも発生します。もちろん目標を高く持つことは重要です。

ですが、非現実的で過度なストレスを感じる無理な目標は時として自分自身を破壊してしまう可能性があることを考慮し、バランスの良い目標を掲げることが重要です。このように、ストレスはありとあらゆるところで発生します。ストレスとうまく付き合っていけるよう、ONとOFFを上手に使い分け、時に甘えを許すことも重要であることを忘れないようにしましょう。