ハゲ克服ナビ

ハゲの原因

タバコ・お酒による影響

タバコとお酒は、発毛にとっては大敵です。タバコは健康そのものを阻害するということは認識されていますが、発毛機能にも影響を与えます。

具体的にはタバコ内に含まれるニコチンの影響により、毛細血管を収縮してしまうことで、毛髪の栄養源である血液がうまく行き渡らず、結果的に発毛機能が抑制されてしまうことにあります。禁煙することで抜け毛が解消されたという事例も多くありますので、喫煙されている方は喫煙量を減らすまたは禁煙なども、効果的な対策といえます。

また、飲酒・喫煙している方が必ずしも、薄毛に悩んでいるかといえばそうではありません。体質により、悪影響を与える物質に対する抵抗力を持っている方も多くいます。お酒は、適量であればストレス解消なども含め、プラスの効果も期待されています。

もちろん過度の飲酒は肝臓へ負担をかけます。発毛を促進する物質が、肝臓でも作られるとされており、肝臓が悪くなると、その発毛を促進する物質を作る機能の妨げになってしまいます。飲酒も適量にするのが良いでしょう。

タバコとお酒は上記の通り、付き合方一つで良くも悪くもなるというのが特徴です。生活習慣の乱れの中でも解説していますが、無理に様々な欲求を抑制すると、ストレスの原因となります。ストレスもまた抜け毛の原因となりますので、生活習慣の改善開始→ストレス増加→生活習慣の改善に失敗といったような負のサイクルが発生しないよう、無理の無い対策を行うことを心がけましょう。