ハゲ克服ナビ

ハゲの原因

ハゲの遺伝性

ハゲ・脱毛症は遺伝するので、「両親共に薄毛の場合は遺伝する」、「両親は薄毛ではないけど、おじいちゃん・おばあちゃんが薄毛の場合も遺伝する」など、色々なうわさが多く流れています。

実際の所現在解明されているのは、男性型脱毛症(AGA)がDHTと呼ばれる男性ホルモンの影響により発症する可能性があるという点から、そのDHTが出来上がってしまう原因ともなる「5-aリダクターゼ」という酵素と、DHTからの影響を受けやすい体質(感受性)の2点が遺伝性を持つようです。

5-aリダクターゼは親から遺伝するとされており、親が薄毛の場合≒薄げになる可能性があるという説は、あながち間違えではないとされています。もちろんのことながら遺伝性質は必ずしも受け継がれるものではなく、受け継がれない・弱まるといったこともある為、遺伝されないことも多々あります。

また遺伝性質は、親だけではなく祖父または祖母に脱毛症や薄毛の方がいる場合、上記で説明している感受性が遺伝する場合があるとされています。感受性が遺伝する場合は、父親ではなく母親から受け継がれることが多く、また母方の祖父から感受性が受け継がれてくる場合もあるようなので、両親または祖父母に薄毛の方がいる場合は遺伝する可能性があるというのが現在統計的に判明してきています。ただしいずれも統計的な情報で、科学的解明にはいたっていないので、遺伝性に関しては良くも悪くも未知数の状態のままでしょう。遺伝する可能性ばかりを気にしているうちに、ストレスを抱えるほうがよっぽど髪には悪影響であると考えられています。

ちなみに、自分自身が遺伝性質を持っているかを調べる場合、AGAの原因となりうるとされている遺伝子検査キットが存在しており、若年性脱毛症の発症の危険度などを調査できるようですので、確かめたい方は参考にしてみてください。