ハゲ克服ナビ

ハゲの原因

生活習慣の乱れ

ライフスタイルの乱れが長期間にわたって蔓延化している場合も、抜け毛の原因となり得るとされています。毛髪成分のケラチンはたんぱく質から構成されています。偏った食事(例えばダイエットなどでたんぱく質を摂取しないなど)を続けていたら抜け毛が増えた・・・などといった声も少なくありません。

逆に「たんぱく質を多くとっているから大丈夫!」となるかといえば、そうではありません。代謝を活性化するためにはたんぱく質以外にも、ビタミンなども重要になってきます。そのため、バランスの良い食生活は健康にも発毛促進にもってくると考えられていますので、普段から注意しておくことが重要であるといえます。

また、睡眠不足は百害あって一利なしの場合が多いです。睡眠中に発毛機能が活発になるとされていますので、睡眠不足は発毛機能を阻害してしまう可能性が高いのです。

しかも睡眠不足、は思考能力の低下・ストレスの増加、その他肌への悪影響などがその影響として知られていますので、多忙な場合でも仮眠をとるなどして、睡眠不足を改善することはとても重要です。

上記のように、生活習慣の改善により一部の脱毛症は改善される見込みがありますので、可能な限りご自身の生活習慣を見直すことが発毛促進や抜け毛防止にもつながるといえますが、ライフスタイルの改善は容易ではありません。もちろん可能であれば早急に改善していくのがベストですが、無理なライフスタイルの変更は、かえってストレスにつながり、結果的に悪化してしまう可能性もあります。生活習慣の改善などを行う際は、無理のない脱毛・抜け毛対策を心がけましょう。