ハゲ克服ナビ

ハゲの原因

男性ホルモンと脱毛との関係性

一般的に、男性型脱毛症(AGA)・若年性脱毛症の発症原因として、男性ホルモンが影響すると考えられています。具体的には、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種が、「5-aリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結びつき変換して出来上がるジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるホルモンが、発毛機能を阻害するとされています。

テストステロン自体には発毛機能に対する影響は無いとされているので、テストステロンがDHTへ変換してしまわないよう5-aリダクターゼの働きを抑制することで、男性ホルモンによる脱毛症の症状が緩和されるという考えから、5-aリダクターゼの働きを阻害する育毛剤として発売されている「フィナステリド」などが抜け毛防止として有効とされています。

なお、脱毛症が進行してからホルモンによる問題点を解消しようとしても、その症状緩和にはつながっても、毛が生え始め薄毛が克服されるといったことにはつながりづらいようなので、症状が進行する前に対策を施すのが有益でしょう。

また、男性ホルモンによる影響で脱毛症が発症するのは男性に限らず、女性にも男性ホルモンが存在しており、男性と比べると分泌量はかなり少ないですが男性ホルモンによる脱毛症が発症する可能性があります。特に閉経前後にはホルモンバランスが大幅に乱れ男性ホルモン量が多くなる場合があり、その症状が強く出る場合があります。女性の場合は男性の症状のように特定の部位が薄くなるのではなく、全体的に薄毛になる症状が大半のようです。

前述したように、男性ホルモンと脱毛症の関係性は密接であるという考えが広く知れ渡ってきていますが、科学的には統計的な関係性までしか解明されていないことが大半です。不必要な心配を多数抱えることにより強いストレスを感じて、脱毛症を発症しないよう注意しましょう。