ハゲ克服ナビ

ハゲの原因

投薬の副作用による脱毛

一部の薬剤を使用した副作用により脱毛症が発症することがあります。副作用により脱毛症が発症した事例のあるものとして、抗がん剤、抗てんかん剤、男性ホルモン剤、主に抗がん剤または肝炎治療などに用いられるインターフェロン、その他にも消炎鎮痛剤やホルモンに直接影響が出る男性ホルモン剤などによる副作用の事例が知られています。

薬剤による脱毛症の場合、全体的に毛髪が抜け落ち薄毛になることが多いようです。薬の副作用ですので投薬終了と同時に、生え始めることが多いとされています。

抗がん剤をはじめとした難病治療のための薬剤は、強力な効果の反面脱毛症を含む人体への副作用も強くその症状が出るとされています。そのため、長期的な治療が必要となった場合、投薬期間も必然的に長期間となり、毛根がなくなってしまっているような場合は発毛の可能性が低くなる場合もあります。

そのほか投薬と同じように病気の治療方法としてある放射線治療に関しても、髪の毛が抜け落ちますが、それらは放射線を照射したことにより照射部位の皮膚のみに影響が出るとされており、治療終了と共に自然治癒するとされていますので、特別な対策は不要と考えられています。

前述しているとおり、脱毛は投薬をやめることで症状が回復する可能性は高くなります。脱毛を含み副作用の症状に苦しんでいる場合は、投薬している理由の病気とその副作用の症状に応じて、投薬停止するかどうかに関する相談をかかりつけの医師と十分に相談して決定することが重要でしょう。