ハゲ克服ナビ

ハゲ/脱毛対策

かつら

抗がん剤やその他の重度の疾患に対する治療の副作用により、脱毛症の影響が長期間にわたり悩んでいる方や、その他遺伝性や様々な理由により脱毛症にお悩みを持っていらっしゃる方の悩み解決のひとつの手段として、かつらについて紹介しています。

かつらが必要となる状況として、特に即時性を必要とするのは、病気の治療に伴う脱毛症のような場合です。必要と感じるのは女性が多く、抗がん剤などの場合は投薬開始から2週間程度で必要となる方も多いようです。

医療用のかつらの場合、購入希望者の要望にも答えられて、且つ素早く手に入れられるものが多いようで、円形脱毛症の方も含め広く指示されています。金額もピンキリですが、安いものでは1万円程度のものもあるので、脱毛症の症状で強いストレスを感じてしまっている場合などは、治療そのものにも影響を与えかねませんので、かつらの使用も検討すると良いでしょう。

かつらには、フルウィッグと呼ばれる頭全体を覆うものと、部分ウィッグと呼ばれるものがあり、抗がん剤などの副作用の場合、頭髪全体が脱毛症の症状となることが多いため、フルウィッグを、円形脱毛症の場合は局所的な脱毛症となるため、部分ウィッグが主に使用されます。

かつらに使用されている毛には大きく2つの種類があり、人毛と人工毛があります。より地毛に近い人毛は値段が高いものがあり、それに対し手軽に購入できるのが人工毛です。といっても、人工毛だからといって気づかれやすいかというと、近年販売されている人工毛のかつらでも、非常に良質のものが安く販売されているようなので、金銭的な面も合わせて検討してみると良いでしょう。