ハゲ克服ナビ

ハゲ/脱毛対策

ヘアケアによる脱毛症予防・脱毛症発症後の改善方法

ここでは、脱毛症と直接的な関係を持つことも多いとされている、ヘアケアの中で、薬剤ではなく日常的なケア方法を中心として解説しています。 誤ったヘアケア方法が原因となって発症する可能性が高いとされている脱毛症が多くあります。

例えば脂漏性脱毛症と呼ばれる脱毛症は、多くは皮脂分泌量が多くなったときに発症します。これに対して、普段から頭皮の汚れを落としておくことは重要で、整髪量が残ったまま睡眠をとるなどした場合、本来毛穴から排出されるはずの皮脂などが排出できず、結果的に毛穴付近が炎症を起こし、最終的には脱毛症となる場合があります。

上記は重要なヘアケアの方法のひとつですがこれを過剰にとらえ、過剰なシャンプーやブラッシングを行うことにより脱毛症を引き起こすことがあります。市販のシャンプーには合成界面活性剤という洗浄成分が含まれているものが多く、頭皮に必要な皮脂までも取り除いてしまい、頭皮の細胞などが強いダメージを受けるなど、本来の目的と全く逆の結果を招いてしまうことにもつながります。

適切な洗髪方法として挙げられている方法は、まずシャンプーを使用する前に十分にすすぎを行います。それにより、頭皮及び毛髪に付着した汚れが落ちます。その後、シャンプーを用いて頭皮を掻くのではなくマッサージを行うように洗います。かゆみがある場合でも、後に炎症につながってしまわないよう、軽めの力で掻くよう注意します。そして、シャンプーを十分に洗い流します。このとき洗い流しがあると、シャンプーの成分により後々炎症を招き、結果的にかゆみなどの症状が発生してしまう原因ともなります。

シャンプー自体には基本的には髪質を改善するための成分は含まれておらず、シャンプー後に使用するリンス・コンディショナーが細くなった毛などを保護することにつながる成分を持っていますので、シャンプーの洗い残しは十分に注意しましょう。 洗髪後、髪をドライヤーなどで乾かす方が多いかと思いますが、ドライヤーは同じ箇所を乾かし続けると、頭皮にも頭髪にも悪影響を及ぼします。局所的に乾かすのではなく、全体的に乾かしていくよう習慣づけしましょう。