ハゲ克服ナビ

ハゲにまつわる噂の真相

お年寄りの治療の有効性

頭全体がはげてしまった後の治療は、無意味であると考える説が噂として広まっていますが、これはどうでしょう。

この話を考えるにあたって重要なことは2つあるようです。重要な事柄として1つめに挙げられるのは細胞そのものが死滅してしまっているかどうかです。脱毛症の症状が進行しきっている場合、発毛に必要な細胞そのものが無くなってしまっている場合があります。

その場合、何らかの治療により育毛が可能かというと、医学的には難しいと考えるのが一般的のようです。次に年齢層的な考えですが、早期段階における治療と高齢層での治療における効果ですが、その効果がはっきりと見られるのは、逆に高齢層の方への治療のようで、治療の成果が実感できるものが多いとされています。

前述した事柄より、早期発見はもちろんのことながら、高齢になってから気づいた場合でも、統計的には70代前半頃までであれば育毛治療により効果が見込めると考えられているようなので、あきらめずに育毛治療に精を出してみるのも十分に価値があると考えられます。

尚、当然ながら加齢に伴い、様々な人体の機能が低下し、脱毛症以外の病気も発症しやすくなります。生理現象による脱毛ではなく、病気によるものの場合が十分に考えられますので、年齢を経てからの場合の脱毛症でも、急激な脱毛症等の場合は、病気によるものの場合があるので注意してください。急激な脱毛症の症状が出た場合は迷わずすぐに医師による診断を受けてください。