ハゲ克服ナビ

ハゲにまつわる噂の真相

ヘルメットとハゲの関係性

長期間にわたってヘルメットをかぶっていることによりハゲてしまう、という話は良く聞く話です。この話は信憑性のあるもので、脱毛症を引き起こす要素を用意してしまうことに原因があると考えられています。

多くは、ヘルメットを長時間かぶると、ヘルメット内が高温になり汗をかきます。汗をかき始めた後、皮脂が毛穴から出てきますが、ヘルメットをかぶっていることにより湿度が高いことや高温なことから、そこに細菌が繁殖します。細菌は高温多湿な場所を好むため、ヘルメット内が細菌にとっては繁殖に適した環境となるのです。細菌が繁殖した後は、その他脱毛症の原因でも説明しているとおり、頭皮が炎症を起こします。

「それであれば、ヘルメットをかぶらなければ良いのでは?」といっても、通勤時にバイクを使用していてヘルメットを着用が必要な場合などは、通勤方法を変えれば良いなど、比較的に容易に改善可能な場合もあれば、お仕事の上でヘルメット着用を余儀なくされる場合もあります。

それらの場合などは、安全性が重視されるので、着用しないということは難しい場合が多くあります。そういった場合は、現在販売されているヘルメットには通気性・安全性の両方を兼ね備えたものもあるので、脱毛症予防の一環として、良質なヘルメットの選定という行為が後に発症する可能性のある脱毛症に有効的といえるでしょう。

汗や皮脂の分泌量なども個人差があるので、ヘルメットを被る=ハゲてしまうという話に必然性はありませんが、可能性のある問題点を未然に防止できることを怠らずに行っておくことは、脱毛症予防の基本ともいえる行為なので、後の祭りにならぬよう注意を払うべきでしょう。