ハゲ克服ナビ

ハゲにまつわる噂の真相

遺伝による脱毛症に対する治療の有効性

遺伝により発症する脱毛症を語る前に、まず脱毛症が遺伝するのかの話があります。このサイトのハゲが遺伝するかどうかの説明をしていますが、遺伝性質のある男性ホルモンが存在しており、それらが発毛機能を阻害する可能性が高い傾向にあるというのが前提にあります。傾向的な話であって、科学的根拠は解明されていないものが大半であることを前提として、ここでは解説しています。

そもそも遺伝性質のある病気には、高血圧や糖尿病などが多く知られています。これらの遺伝性質のある病気は、完治しないものが大半で、食生活などを含み生活習慣に大きく左右します。つまりは家系に高血圧の方がいない方が偏食をしている場合よりも、高血圧の方が家系にいる方が偏食をしている場合の方が、高血圧の症状が強く出て、時にその症状がひどくなる傾向があるというのが事実です

完治しないものが大半であるという点から分かるとおり、遺伝性質があるとされているものはその大半は遺伝子レベルで治癒が難しいと考えられているものが多いため、脱毛症の遺伝性質が高いという傾向にある以上、完治するというのは難しいと考えてもあながち間違えではないといえるでしょう。

ですが、治療が無意味かといえば違います。前述したとおり高血圧や糖尿病などの遺伝性質のある病気にしても、生活習慣の改善といったような何気ない事柄の改善によってもその症状を緩和することが可能と考えられますので、治療自体には意味があり、その効果も十分に期待できると考えられます。

つまりは、「完治は出来ないが、有効な治療は十分にある」というのがこの噂の真相でしょう。