ハゲ克服ナビ

ハゲにまつわる噂の真相

体毛の濃さとハゲの関係性

体毛が濃い=ハゲてしまうという話もまた、広く知られた関係性ですが、これは事実でしょうか。実際のところこの話は、遺伝性質や男性ホルモンの影響と強い関係性があると思われます。

男性ホルモンのページでも説明していますが、一部の男性ホルモンは髪の毛の発毛促進には悪影響で、それ以外の体毛(例えば、ひげや腕毛・すね毛など)の発毛促進を促すという性質を持ったものがあります。

要は「体毛が濃い=その男性ホルモンが多くある」という考えから、結果的に発毛機能を阻害する男性ホルモンを多く持っているという点から、脱毛症を発症する可能性が高いと考えられたのが、この話の根源だと考えられます。

そもそも男性ホルモンそのものと脱毛症との関係性が医学的に、傾向的なものが大半であることから、この話も傾向的なものであると考えられます。ですので、男性ホルモンが多いと薄毛になるのかということと同じで、必ずしも脱毛症を発症するとは限りません。 因みに、体毛が濃いことを悩む女性も多くいらっしゃるようですが、これらはホルモンバランスの乱れや遺伝性質のあるホルモンによる影響であるとも考えられています。

因みに、体毛が濃いことで悩んだ結果、永久脱毛などを行うなどの処置を施すような方もいらっしゃるようですが、体毛の一部は体毛が生えている部位を守るために生えてくる場合が多いので、不用意な脱毛行為は人体を危険にさらす行為であることを十分に認識した上で行うよう注意しましょう。